ねこの火葬 | ペットエンゼル岡山

ねこの火葬

先日、うちの飼い猫ではないのですが・・・という一本の電話がありました。

夜中に車で出掛けようとエンジンをかけると、ギャー!というただならぬ声がボンネットの中から聞こえてきたという。見るとエンジンの中のベルトにはさまった猫がいた。すぐJAFを呼び、ベルトを切り、猫を助けてあげようと、動物病院へ30件電話をかけて、1件だけ受けてもらえた。でも、手当の甲斐なく亡くなってしまいました。

皆様ならどうされるでしょうか?車は壊れ、逆に被害者だと思ったりもするでしょう。

しかし、先日お越しになった方は違いました。まだ20代の男性の方ですが、どこの迷い猫かわからないまま、平日のお仕事が終わってから猫ちゃんを連れて来られ、立ち会い火葬をされて、お骨を拾われ、お骨壺に入れて共同墓地へ納められました。その時に大きな花束を共同墓地にお供えして下さいと持って来られました。

なんて心優しい好青年なんだろう。。。と心打たれました。


« 真備のペット火葬| ホームページTOPへ |聖バレンタイン »

pagetop